株式会社リネア建築企画

リネア建築企画の最新物件や、関連情報をブログでお知らせしています。

Tabi/世界の建築 ウィーンの建築を訪ねて(オーストリア)No.38 Tabi/世界の建築トップページ

photo

シュテファン大聖堂

Tweetする

2015/7/13

シュテファン大聖堂とその周辺です。
市街地の中心に位置し、歴史地区にあるウィーンのシンボル。
近くにアドルフ・ロースの代表作、ロースハウスがあります。


シュテファン大聖堂(1359)








13~14世紀に建てられた聖堂は、ゴシック様式の外観です。
一部内部にバッロック様式、入り口の門は後期ロマネスク様式などもみられます。
栄華を誇ったハプスブルク家の歴代君主たちの墓所でもあります。











































 





 


















 


 







1911年、アドルフ・ロースがデザインしたロースハウスです。
古典的な歴史地区の中にある、装飾をそぎ落した、モダニズム建築の先駆的な建物として有名です。
当時は建物に装飾することが当たり前の時代だったので、このデザインは非難されました。
前面低層部の柱が古典的なのは、地域が地域だけに配慮(妥協)したのかもね。

お知らせをさがす

アーカイブ