株式会社リネア建築企画

リネア建築企画の最新物件や、関連情報をブログでお知らせしています。

トップページ > お知らせ一覧

お知らせ一覧RSS

photo

K's Place の1階にある隠れ家レストラン。
居住者用エントランスへ進み、101を呼び出します。するとシェフが「どうぞ~」とオートロックを解錠してくれるのです。

続きを読む

photo

2010/9/13

ロックチャーチことテンペリアウキオ教会は、ヘルシンキ中心部の住宅街にあります。
ティモ、トゥオモ・スオマライネン兄弟によって設計されました。内部の壁は巨大な岩をくり抜いたままの姿で、天井はその上に鋼板の円盤型ドームが乗っています。

続きを読む

photo

2010/9/12

スティーブン・ホールのキアズマことフィンランド現代美術館の建物外観は、その流れるフォルムと交差していることが特徴です。また館内も動きを感じさせるデザインになっています。
キアズマとは生物学的な染色体間の交叉のことを意味しており、その遺伝子情報(アート)満載の館内は静寂でありながらスピード感があって、ちょっとドキドキしますよ。

続きを読む

photo

2010/9/11

フィンランディアホールはコンサートホール、会議場などに使用されています。訪問時は休館でがっかり。(雨が降るし・・)
もうひとつはヘルシンキの街なかにあるアカデミア書店です。斬新なデザインのトップライトが特徴で、2階奥には当初のままのカフェ・アアルトがあります。ここでは昼食を軽くすませました。

続きを読む

photo

2010/9/10

アアルトのアトリエは、自邸から歩いて15分程の所にあります。
こちらも閑静な住宅街の中に建っています。建物は外部・内部とも明るくて、アアルトとスタッフが、互いの緊張感のなかで、気持ちよさそうにミーティングをしている声が、いまにも聞こえてきそうな空間でした。

続きを読む

photo

2010/9/9

閑静な住宅街にあるアルヴァ・アアルトの自邸です。
建物・家具などのほとんどをアアルトがデザインしています。人にとてもやさしく温かみを感じる住宅で、建物内の随所にいろいろな工夫がされていて、とっても気に入りました。
ヘルシンキを訪れたら必見ですよ。

続きを読む

photo

2010/9/8

オタニエミ礼拝堂は工科大学学生のためのチャペルです。主に学生たちの寄付によって建てられました。カイヤ&へイッキ・シレン夫妻の設計で、たいへん美しい礼拝堂です。
安藤忠雄の水の教会は、ここを参考にしたと言われています。

続きを読む

photo

2010/9/7

アアルト大学はアアルトの出身大学です。1949年のコンペで、ヘルシンキ工科大学のキャンパスとオタニエミの全体計画を獲得しました。
ここでも外壁には主にレンガを使用しましたが、レンガを利用した大規模なプロジェクトはこれで最後になりました。

続きを読む

photo

2010/9/2

夏の家はセイナッツァロ村役場から5キロほどの場所にあります。
さまざまなレンガやタイルのパターン実験が行われた住宅としても有名で、コエ・タロとは実験住宅という意味です。
パイヤネ湖畔の森の中にあり、これがフィンランドという環境のもとに、この夏の家はあります。

続きを読む

photo

2010/9/1

セイナッツァロ村役場は、市内からバスで30分位の所にある小さな村役場で、アアルトの最高傑作だといわれています。
コンパクトな建物のなかに役場、議場、図書館などがある複合施設で、アアルトがレンガ造りを、設計の中心に置くきっかけとなった建築です。人に優しく、ユニークな構成なので楽しい空間ですよ。

続きを読む

photo

2010/8/31

ユヴァスキュラ教育大学と専門学校は、毎年数多くの外国人留学生を受け入れるなどして、フィンランド国内でも有名な教育機関です。
アアルトはユヴァスキュラ教育大学の本館や図書館など、7施設を設計しています。赤レンガ造りが特徴でとても暖かい印象を受けました。

続きを読む

photo

2010/8/30

ユヴァスキュラにあるアアルト・ミュージアム。森と湖にかこまれた大学都市で、ヘルシンキから北へ約270キロにある人口約16万人の街です。アアルトの作品が多い街で知られています。
このミュージアム内部の展示は、彼の軌跡がわかりやすくコンパクトにまとめられていて、とっても回りやすく視覚的にも楽しくて、アアルトファンならずとも必見ですよ。

続きを読む

photo

2010/8/24

トゥルクはバルト海に面した、フィンランド南西部に位置する4番目に大きい港町です。
人口は約16万人で、スウェーデンと結ぶ海運ターミナルとして発展してきました。ヘルシンキが首都になる前の旧首都として知られています。
ここではスウェーデンからトゥルクへのシリアラインと街なかを紹介します。

続きを読む

photo

2010/8/23

古都トゥルクにある、フィンランドを代表する中世の教会です。
13世紀の終わりにほぼ完成し、その後も増改築がずっと繰り返されてきました。現在のデザインは、1827年のトゥルク大火災から30年余りかけて修復されたもので、大聖堂は街のランドマークになっています。

続きを読む

photo

2010/8/22

ヘルシンキに事務所を構えるJKMMアーキテツク設計のトゥルクの市立図書館です。
新館は基本的に天然石とガラスで構成されていて、そのバランスがとてもいい建築です。中庭があることで、イベントなどの多目的な用途に使用出来る設計になっています。

続きを読む

photo

2010/8/21

大学教授だったエリック・ブリュグマンの設計です。
狭い空間である祭壇の横から、十字架と祭壇に差し込む光とそのシルエットが、なんとも言えない美しさをかもしだしています。全体的には装飾のディテールにかなりこだわっていて、とてもきれいですよ。

続きを読む

photo

2010/8/20

パイミオのサナトリウムはアアルトの代表作で、北欧においてモダニズム建築が注目されるきっかけになった作品です。建物と家具や照明などを同時にデザインしています。
現在は総合病院として使用されています。

続きを読む

photo

2010/8/19

本名フーゴ・ヘンリク・アアルト(Hugo Henrik Aalto)ことアルヴァ・アアルトは、フィンランドの20世紀を代表する世界的な建築家であり、家具デザイナー。建築から家具、ガラス製品などの日用品もデザインしました。
グンナール・アスプルンドと並んで、北欧の近代建築家としてもっとも影響力があった1人であり、モダニズム建築においては単に理念中心の建築家ではなく、その人間的、有機的なアプローチで知られています。

続きを読む

photo

吉祥寺で人気のパン屋さん、ダンディゾン。淺野正己氏プロデュースによる、青山の人気店「デュヌ ラルテ」に続く2店舗目。わかりにくい場所ながらひっきりなしにお客さんが訪れます。

続きを読む

photo

ナチュラル&オーガニックのベジカフェ Deva Deva Cafeに行ってきました
写真左はプラムとアーモンドを使ったお豆腐ベースのタルトです。

続きを読む

お知らせをさがす

アーカイブ