お知らせ

お知らせ

photo

アアルト・ミュージアム

ユヴァスキュラにあるアアルト・ミュージアム。森と湖にかこまれた大学都市で、ヘルシンキから北へ約270キロにある人口約16万人の街です。アアルトの作品が多い街で知られています。
このミュージアム内部の展示は、彼の軌跡がわかりやすくコンパクトにまとめられていて、とっても回りやすく視覚的にも楽しくて、アアルトファンならずとも必見ですよ。
photo

アルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)1898-1976 フィンランド

本名フーゴ・ヘンリク・アアルト(Hugo Henrik Aalto)ことアルヴァ・アアルトは、フィンランドの20世紀を代表する世界的な建築家であり、家具デザイナー。建築から家具、ガラス製品などの日用品もデザインしました。
グンナール・アスプルンドと並んで、北欧の近代建築家としてもっとも影響力があった1人であり、モダニズム建築においては単に理念中心の建築家ではなく、その人間的、有機的なアプローチで知られています。
photo

ベルリンとポツダム広場/クーダム101ホテル

かつてはヨーロッパ経済の中心地の一つだったポツダム広場ですが、東西陣営の緊張で出来たベルリンの壁で分断されてから、その活気を失っていました。
東西ドイツ統一後の現在では、まるでかつての栄光を取り戻すかのように商業・ビジネスエリアの中心地として、再開発の建設ラッシュがつ続いており、街は活気溢れる様子でした。ここでは広場でみかけた建物と、デザインホテルを紹介したいと思います。
photo

ギャラリー・ラファイエット/ソニーセンター/ドイツ連邦議会新議事堂

ギャラリー・ラファイエットはジャン・ヌーヴェルのガラス建築です。フランス・パリの有名デパート、ギャラリー・ラファイエットが1996年、ベルリン店をオープンさせました。
ソニーセンターは富士山のような形で、フォーラムと呼ばれる空間が特徴です。
歴史あるドイツ連邦議会新議事堂。ノーマン・フォスターは既存建物にガラスドームを乗せて、それに反射ミラーガラスを使い、内部に効率良く光が届くようにデザインしました。
photo

デンマークの記憶

ここで紹介するクロ(Kro)とは、デンマーク語で「旅籠」のことです。
一口にクロといっても、プールや会議室などを有する大規模なクロもあれば、昔ながらの茅葺屋根のデンマークらしいクロもあります。
特にユトランド半島などの田園地帯にあるクロは、日本でいう旅亭にちかいもので、アットホームな雰囲気が最大の魅力です。一般的に食事がおいしく、食事目当てで宿泊する人やレストランとして利用できるクロも多いので、地元をはじめ、旅行者にも人気があります。
前のページに戻る