株式会社リネア建築企画

リネア建築企画の最新物件や、関連情報をブログでお知らせしています。

トップページ > お知らせ一覧 > Tabi/世界の建築 > フランク・ロイド・ライトを訪ねて(アメリカ)No.20

Tabi/世界の建築 フランク・ロイド・ライトを訪ねて(アメリカ)No.20 Tabi/世界の建築トップページ

photo

2011/1/12

ロビー邸は、シカゴ大学に隣接して建っています。
フランク・ロイド・ライトの水平を強調したデザイン、プレーリースタイル(草原住宅様式)の代表作です。ライトは日本文化・住宅の影響を受けたと言われていて、その後、独自のアメリカンスタイルを確立してゆきました。

続きを読む

photo

2011/1/25

ここはシカゴ郊外、オークパークにあるライトの住宅兼設計スタジオです。
ルイス・サリヴァン事務所を辞めて、ここからスタートしました。しかし自身のプライベートなスキャンダルにより、1909年、この事務所を閉じてからは二度と戻ることはなかったそうです。

続きを読む

photo

2011/1/26

オークパークには、ホーム&スタジオの周りに初期のライトが設計した住宅が30軒以上あり、いろんなことがあった独立前と独立後の住宅も、仲良く並んで建っています。
また、この街でプレーリースタイルを確立させてゆきましたが、施主の妻ママー・チェニーとの不倫で、没落していった始まりの街でもあります。

続きを読む

photo

2011/1/27

こちらもオークパークにある、フランク・ロイド・ライト最初の公共建築物です。
ユニティ・テンプルはライトにとって初めてのコンクリート造りでもありました。テンプルとは神のみを礼拝する神殿を意味しており、キリストの教会ではありません。

続きを読む

photo

2011/1/28

ケンタックノブは、落水荘(フォーリング・ウォーター)からほど近い山の中にあります。
落水荘から約20年位後に建設された住宅ということもあって設備は近代化され、デザイン的にも洗練されて自然のなかに溶け込んだ、とても美しいプレーリースタイルの住宅です。

続きを読む

photo

2011/1/31

ニューヨーク5番街のソロモン・R ・グッゲンハイム美術館は、長生きしたライトの遺作の一つになりました。
残念ながらライトが亡くなってから完成をしたので、本人が見届けることは出来ませんでした。建物は巻貝のような構造になっていて、基本的には上から下へ回りながら展示物を鑑賞するスタイルになっています。

続きを読む

photo

2011/2/8

サンフランシスコから自動車で30分位にあるマリン郡庁舎です。
フランク・ロイド・ライトの最後の公共建築ですが、こちらもライトの遺作となり、彼は完成を見届けることが出来ませんでした。建物のいたるところに円によるデザインがあり、彼の人生テーマだったのかも知れません。

続きを読む

お知らせをさがす

アーカイブ