株式会社リネア建築企画

リネア建築企画の最新物件や、関連情報をブログでお知らせしています。

トップページ > お知らせ一覧 > Tabi/世界の建築 > ル・コルビュジエとパリの建築を訪ねて(フランス)No.9

Tabi/世界の建築 ル・コルビュジエとパリの建築を訪ねて(フランス)No.9 Tabi/世界の建築トップページ

photo

2010/6/1

今回は南フランス編でご紹介した、コルビュジェのリヨン・パリ周辺の作品を中心に訪ねます。
その足掛かりとして人口45万人、フランス第2の都市、リヨン旧市街の様子、デザインホテルのクール・デ・ロージュなどから始めます。

続きを読む

photo

2010/6/3

近代建築の巨匠として、インターナショナル・スタイルを目指したル・コルビュジエは、建築史的にもモダニズム建築の第一人者としてのイメージが大勢でしょう。
しかし晩年の作品でノートルダム・デュ・オー礼拝堂(ロンシャン礼拝堂)は、それが本当の彼なのか、曲線を多用した彫刻的造形になっています。訪れた時は大変ショックを受けました。

続きを読む

photo

2010/6/4

ロンシャン礼拝堂から約4年後、リヨン郊外に建つコルビュジェ晩年の傑作の一つ、ラ・トゥーレット修道院です。
コルビュジエの言葉の中で、「建築は光のもとで繰り広げられる、巧みで正確で壮麗なボリュームの戯れである」という言葉がありますが、この探訪で、特に感じることが出来ました。

続きを読む

photo

2010/6/6

ラ・ロッシュージャンヌレ邸はコルビュジェの兄、音楽家のアルベール・ジャンヌレの家とバーゼルの銀行家、絵画コレクターのラウル・ラ・ロッシュ邸との2世帯住宅です。
外観では2戸一体になっていますが、内部は壁で仕切られています。

続きを読む

photo

2010/6/7

パリ南部のジャルダン大通りにある国際大学都市。
広大な敷地のなかに37に及ぶ寮があり、今回紹介するスイス学生会館、ブラジル学生会館をはじめ、日本館もあります。それぞれの国にちなんだ建築様式で建築されています。

続きを読む

photo

2010/6/9

ポンピドゥー・センターの正式名称はジョルジュ・ポンピドー国立芸術文化センター。
国立近代美術館、公共情報図書館、産業創造センター、音響音楽研究所IRCAM(別棟)が入っている文化施設の集合体です。

続きを読む

photo

2010/6/10

アラブ世界研究所の建物壁面に、ガラスパネルで出来た幾何学模様の正体は、太陽光線に応じて、カメラレンズのように開閉するという絞込みを応用した、ダイヤグラムになっています。

続きを読む

photo

2010/6/11

ルーヴル美術館はパリにあるフランスの国立博物館。
建物は1190年の城砦建築からが始まりです。 1989年、イオ・ミン・ペイ設計によるガラスのピラミッド(内部に逆ピラミッド)がデザインされました。彼は1983年にプリツカ―賞を受賞しています。

続きを読む

photo

2010/6/12

パレ・ド・トーキョーは現代美術、コンテンポラリー・アートが中心の現代美術センター。
年間20万人以上の観客を集め、パリおよびヨーロッパの先端的な美術の中心となっています。

続きを読む

photo

2010/6/13

フランスの首都であるパリは、ニューヨーク、ロンドンなどと並ぶ世界有数の都市のひとつです。
市内をセーヌ川が貫く地形で、ノートルダム大聖堂などがあるシテ島を中心に発展しました。現在では「花の都」「芸術の都」などと呼ばれていて、世界屈指の観光都市であり、観光が大きな産業になっています。

続きを読む

お知らせをさがす

アーカイブ