inquiry
株式会社リネア建築企画
電話受付:10:00~18:00
お知らせ

お知らせ

photo

アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)1902-1971 デンマーク

建築家やデザイナーとして、ハンス・ウェグナーやフィン・ユールと共にデンマークのデザインを世界中に広めたモダン様式の代表的人物です。
伝統的なデンマークデザインに、近代機能主義を取り入れ、近代デンマークデザインの基礎を築きました。優れたデザインの建築物や家具を設計し、数多くの賞を受賞しています。英国王立建築家協会、アメリカ建築協会などの会員でもあり、また出身校であるデンマーク・コペンハーゲン王立芸術学校をはじめ、オックスフォード大学、グラスゴー大学などの名誉博士号を受け、その教鞭も取りました。彼はデンマークのみならず北欧全体のモダニズムの姐でもあります。
1927年王立芸術学校建築科卒業。デンマーク近代建築、機能主義建築の旗手として多くの作品を残した巨匠です。1956年~1965年まで王立芸術大学建築学科教授を務め、同時に家具もデザインし多くの名作を残しています。
photo

ラディソンSASロイヤルホテル

ここは宿泊場所でもあるヤコブセン設計のラディソンSASロイヤルホテル。空港からタクシーで30分位のコペンハーゲン市内にあります。
ラディソンSASロイヤルホテルは、彼が建築から照明のスイッチに至るまでトータルデザインしました。ミッドセンチュリー期の名作、「スワンチェア」と「エッグチェア」は、このホテルの設計の為にデザインされました。
photo

スラレド市庁舎/ルードブレ市庁舎

スラレド市庁舎の特徴として、大理石を外壁に使い、内装には木材を多用した仕様になっています。外観のハードさとは対照的に、内部の落ち着いたインテリアはみなさんも気に入ることでしょう。
ルードブレ市庁舎の外観はガラスのカーテンウォール。この時代の彼を象徴する建物でもあり、そして建物内部の各所に観られる色使いは、ミッドセンチュリーそのもので明るく開放的な空間です。
photo

ルイジアナ美術館

建築家 JorgenBoとVilhelmWohlert が、共同でデザインをした海を望む高台にある美術館です。彼らは「風景にとけ込む」ということを第一のコンセプトとして設計しました。
世界で一番美しい、ガラス張りの回遊式美術館と言われています。また世界でも有数のモダンアートコレクションを有することで知られており、庭園にも多くのアートが点在しています。ヤコブセンの家具もいたるところに使用されていました。
photo

デンマークの記憶

ここで紹介するクロ(Kro)とは、デンマーク語で「旅籠」のことです。
一口にクロといっても、プールや会議室などを有する大規模なクロもあれば、昔ながらの茅葺屋根のデンマークらしいクロもあります。
特にユトランド半島などの田園地帯にあるクロは、日本でいう旅亭にちかいもので、アットホームな雰囲気が最大の魅力です。一般的に食事がおいしく、食事目当てで宿泊する人やレストランとして利用できるクロも多いので、地元をはじめ、旅行者にも人気があります。
1
前のページに戻る